MIKATA学院

MIKATAが増えて成果が上がる。

通勤電車10分中での独り言

Category
ルールを「変える」とルールを「破る」

ルールを「変える」とルールを「破る」

ルールを変える、改革する、改善する。 とても素晴らしい事ですが、変えるにもルールがあります。 ルールや規則をよくしたい気持ちはよくわかります。 とても熱くて、会社想いで強い意思を持っている方が多く見受けられるようです。 今あるルールや規則に不満があり、納得できなくても、まずは自らしっかり守らないと、周囲は納得してくれま...
ワールドカップでの日本の敗因について

ワールドカップでの日本の敗因について

あまりサッカーを見ない私も今回のサッカーは見続けています。 それにしてもマスコミ報道の意見が様々で面白いですね。 「手のひら返し」しているわけではなく、報道元がきっと違うのでしょうね。そう思うことにしています。 西野ジャパンは、波乱と不安の中での船出ながらも見事に予選突破しました。 残念ながらベルギーに惜敗し、念願のベ...
ビバ! 西野ジャパン

ビバ! 西野ジャパン

サッカー日本代表の監督電撃解任! ビックリする記事が紙面を賑わせています。 私はサッカーに詳しい人間ではなく、意見を言える立場でもないのですが、メンバーの選出もレギュラーも変わってくる可能性があるという事実について久々に投稿です。 当たり前! かわっちゃうのか。。。 どっちの視点かわかりませんが、少なからず言えるのは、...
反応の重要性

反応の重要性

コナミスポーツさんが、展開するスポーツジムで、ボルダリングにちょっとした工夫がなされているようだ。 初心者でも子供でも楽しんでもらえるような仕掛けとして、プロジェクトマッピングとの融合。 昔のインベーダーゲームのように光った箇所(モンスター)を触ると消える。 そして次のモンスターが別の場所で光り、いつの間にかにボルダリ...
分かっているのは当たり前

分かっているのは当たり前

昔、上司から教わった言葉である。 ついでに、できなければなんの意味もないとも。 言葉としては簡単だが、私の仕事のポリシーでもある。 わかっているだけではなんの意味もないし、わかっただけで出来た気になってしまうのが一番の罪であると教わった。 わかった状態をできる状態にするには簡単なようで簡単なことではない。 教育の根幹は...
采配の是非

采配の是非

今年の高校野球は埼玉県初の全国制覇で幕を閉じた。 埼玉県の高校球児だった私は本当に嬉しい。 しかも我が母校の姉妹校で、私も現役時代に合同練習してもらったことを強く鮮明に覚えている。 今年の県大会決勝戦は本命同士がぶつかり、花咲徳栄が浦和学院を破り、埼玉初の三年連続の夏出場を決め、その勢いで全国を制した。 気になったのは...
すぐやるという負け癖体質

すぐやるという負け癖体質

「この課題はいつ取り組むの?」 「今でしょ!」 少し前にはやった言葉だが、「今でしょ」は極端でも「明日やります。」「すぐ取り組みます。」というのはよく聞く言葉である。 しかし、すぐやると言った事が1か月たっても全然できていないことが非常に多い。 今できること、明日できることが出来ないから課題となっているので、舐めずに取...
カウンターへどうぞ~

カウンターへどうぞ~

飲食店に行くとよく言われる言葉である。 空いてる時はテーブル席に行きたい客もいると思う。 場所を自由に選べないのであれば、〇〇にどうぞ~ ではなく、 「カウンターにお願いします(にお願いできますか)」 「カウンターでよろしいでしょうか?」 の方が印象が良くなるのではないか。 「~どうぞ」は、その席を希望する方にはふさわ...
ワイワイ楽しく飲む

ワイワイ楽しく飲む

ある番組で、芸能人のワインの利き酒勝負をやっていた。 周囲の芸能人がうるさく茶化す中での利き酒であり、結果として、外してしまった。 「うるさすぎて集中できない!」 とのことだが、ということはみんなでワイワイガヤガヤ盛り上がって飲めば、高級ワインも安いワインも区別なく楽しく飲めるということかもしれない。
写真はイメージです

写真はイメージです

こんな言葉をよく見かける。 観光地のポスター 飲食店のポスター など。 写真に加工がしてあるのを考えると 「イメージ」ではなく、「加工してます」 が、正しいと思う。 実物との違いが生じるリスクを軽減するための 言葉であろうが、加工してある以上、 それは自然物ではなく、意識的に造り上げた創作物になり、その瞬間現実のものか...
Return Top