MIKATA学院

MIKATAが増えて成果が上がる。

ワールドカップでの日本の敗因について

あまりサッカーを見ない私も今回のサッカーは見続けています。
それにしてもマスコミ報道の意見が様々で面白いですね。
「手のひら返し」しているわけではなく、報道元がきっと違うのでしょうね。そう思うことにしています。

西野ジャパンは、波乱と不安の中での船出ながらも見事に予選突破しました。
残念ながらベルギーに惜敗し、念願のベスト8進出は逃しましたが、非常に良い戦いであったと思います。

予選最終戦のポーランド戦は賛否両論、意見が真っ二つに分かれました。

得点は0-1で負けの展開。
それでもこのままコロンビア戦の戦況も変わらなければ予選突破。
(コロンビア戦の戦況が変われば予選敗退の可能性!!)
そこでとった戦術が、戦況が買わないことを信じた無理に攻めずにこのまま試合を終わらせる事。
この戦い方には批判も多く、しかし結果的には予選突破を果たしました。

私は、それがベルギー戦の敗因だったのでは・・・と考えてしまいます。
2点先制した日本は、ポーランド戦の批判を覆すのに守りに入ることが出来ず、だからといって我武者羅に3点目を取りに行く戦術も取り切れず、結果として3点取られてしまったのでは…。
素人目線かもしれませんが、もしポーランド戦で、仮に負けていたとしても勝ちに行く戦術を取っていたら、ベルギー戦では違う結末になっていたのではと思ってしまうのでした。
事後での意見は誰でもいえるので、私の意見もあくまで、独断と偏見です。

「ベルギー戦で点を取った時に、ポーランド戦で浴びた批判を覆そうとしていなかったか」

私が気になる事でした。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top