MIKATA学院

MIKATAが増えて成果が上がる。

川下りが教えてくれた事

私事で恐縮だが、昨年、趣味の川下りで肋骨を折った。

バランスを崩すし、力は入らないし、激流は容赦なく襲ってくる。

流石に恐怖と不安の戦いになり、先輩を危険に晒し、自分の舟が流れてしまった時は、

「このまま下流まで流れてしまったら辞め時かもしれない」
とも思った。

 

周囲の救助に支えられ、迷惑をかけるのも辛く、自信もなくした。

ところが、舟は岩と岩の間に奇跡的に挟まり、無事に救出。

しかし、実は心も骨同様に折れていた。

 

 

迷惑ばかりかけるそんな私を迷惑ぶるでもなく、先輩は何度も誘ってくれる。

本当にありがたいことだ。

足を引っ張りたくない!

 

今年は湖練習を決行し、もう1度水に慣れることからスタートした。

湖のちょっとした揺れでも正直体が怖がっている。

YouTubeで川下りの映像を見ても体がビビるのを感じる。

不安も恐怖も克服できないまま川下りツアーが始まってしまった。

恐怖は更なる恐怖を呼び込む。

 

始まってしまった以上、余計な気持ちを捨て、ただひたすら目の前の川とだけ向き合い、

教えてもらった漕ぎ方やバランスの取り方にだけ気持ちを集中させる。

不思議と恐怖も不安もなくなってくる。

きっと集中していることで、怖がっている余裕もなくなってしまったのだろう。

結果として2日で約20キロを無事に下ることが出来た。

 

恐怖と不安もなくなり、かわりに安堵と更なる自信に繋がった。

 

 

諦めずに、逃げずにやり続けること。

 

気持ちを目の前のことに集中させること。

 

 

克服したいという強い意志が、恐怖や不安をかき消し、その邪念を捨て目の前の課題に集中することが、

スキルアップに繋がり、自信に変わっていくのではないか。

 

この歳にして川に教えてもらった気がする。

日頃のビジネスや経営においてもそれは変わらないものと信じている。

 

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top