MIKATA学院

MIKATAが増えて成果が上がる。

コミュニケーションと飲みニケーション

毎日顔を合わせて会話を交わしてるからコミュニケーションが取れているという訳では無い。
飲めばコミュニケーションが取れてると思うのも間違いである。

たしかに組織を一体化させるためにどちらも大切な手段の一つ。
両方に共通するのは、1対1で大きな効果を発揮するということである。
使い分けを理解し、双方を混同してはいけない。

特に部下とのコミュニケーションには気をつけたい。
次のポイントを間違えると大した効果は期待出来ないので、注意が必要。

必ず、その部下の為に予め時間を作って話を聴くところに意義がある。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top